経歴・実績 MAKINO Manae

【経歴】

生まれつきろう。デフファミリー。目と手で話す人。補聴器ユーザー。
日本手話、日本語、アメリカ手話、英語のクァッドリンガル。国際手話は日常会話程度。
2012年に州立オーロニーカレッジ(Ohlone College)へ留学し、ろう教育資格を取得。2015年に卒業後、ハワイろう学校(Hawaii School for the Deaf and the Blind)で教員補佐として1年間勤務。2016年に帰国し、日英翻訳業、アメリカ手話・英語指導を経て2019年2月より熊谷研究室にてユーザーリサーチャーとして勤務開始。

【実績】

年月 場所・助成 内容
2020.4 2020年度 ECOMO交通バリアフリー研究・活動助成交付決定 聴覚障害者の移動時の快適性に関する当事者研究 ~機内エンターテインメントへの字幕付与に着目して~
2020.1 東京大学先端科学技術研究センター主催「インクルーシブデザインラボプロジェクトキックオフシンポジウム」 機内エンターテインメントへの字幕付与、民族性・ジェンダー別 非聴覚障害者の手話習得率比較
2019.11 東京都立北療育医療センター城南分園主催「地域でともに生きるための研究会」 聴覚障害児への手話教育 ~アメリカの事例と共に~発表
2019.6 東京大学先端科学技術研究センターキャンパス公開 「共同創造の意義と課題 ~当事者研究の可能性~」シンポジウム 機内エンターテインメントへの字幕付与、民族性・ジェンダー別 非聴覚障害者の手話習得率比較